ブログ一覧


ネズミ駆除に猫を飼うのは効果的?実態と危険性について詳しく解説

猫に狙われるネズミ

 

「猫」と「ネズミ」の間で繰り広げられる仲の悪い関係性は、アニメや物語の中でよく描かれています。実際に猫は、ネズミを捕まえて食べたりおもちゃにしたりするため、猫がいれば、ネズミも寄り付かないだろうと信じている方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、ネズミ駆除において猫を飼う効果について詳しくご紹介します。さらに、猫を活用してネズミ駆除を行うことで起こり得る危険性についても解説します。ネズミ被害に悩んでいる方の中で、猫を飼う検討をしている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事を読むための時間:3分

猫の存在はネズミ駆除に効果的?

自然界では、猫がネズミを捕まえるのはよくある行動であるため、ネズミの数を減少させる効果があるとされています。また、ネズミは、天敵である猫の存在を恐れ、近くに寄り付かない傾向があることからも、ある程度の忌避効果があると認められています。

 

しかし、このような効力には限界があり、完全な解決策にはなりません。ここでは、猫の存在がネズミ駆除に効果的でなない場合もある理由についてご紹介します。

猫の個体差によって効果は異なる

ネズミ駆除における猫を飼う効果は、猫の個体差によって異なります。小さいネズミがちょろちょろと動き回る姿は、猫が持つ狩猟本能を刺激しますが、捕食本能には個体差があるため、ネズミを追い回すのが好きな猫もいれば、全く気にしない猫も存在します。

 

また、日頃から十分な食事を貰える飼い猫は、わざわざネズミを捕まえようとしないでしょう。生き延びるために、自分で食べ物を探さなければならない野良猫の場合、親猫から狩りの仕方を学ぶなど、環境による影響を受けてネズミを捕まえやすくなります。

ネズミが猫の存在に慣れる可能性がある

ネズミは比較的頭の良い動物であり、初めは猫の存在を警戒しますが、時間が経つにつれて、猫がいる環境に適応する可能性があります。猫の存在に慣れると、ネズミは猫が近づきにくい高い場所に巣穴を作ったり、猫の行動パターンを観察して自分たちの活動時間を決めたりします。

ネズミ駆除に猫を飼うデメリット

猫の存在は、ネズミ駆除に対してある程度の効果があると認められていますが、あまりおすすめできません。前述したように、現れる効果が限定的であるのと同時に、ネズミ駆除のために猫を飼うのにはデメリットがあるからです。今から紹介する危険性を理解した上で、猫を活用した駆除対策を行うのかを判断しましょう。

感染症にかかる恐れがある

ネズミは、下水道やごみ置き場など、衛生環境が悪い場所での活動が多いため、寄生虫や病原体を保有している可能性が高いです。トキソプラズマ症などの病気に感染している場合もあり、このようなネズミを捕まえると、猫にまで感染症がうつります。

 

さらには、猫を介して人間が感染する恐れもあり、特に免疫力が低い子供やお年寄りの場合、重篤な症状を引き起こす可能性があるので注意が必要です。症状が重くなくても、ネズミの体についていたノミやダニのせいで、くしゃみや鼻水、目のかゆみ、皮膚のかぶれ、喘息といったアレルギーの症状が現れることもあります。

ネズミの死骸を片付けなければならない

猫にネズミを駆除させる場合、ネズミの死骸の片付けは飼い主が行わなければなりません。もし、目が届かない所でネズミを捕まえていたら、ネズミの死骸を見つけるのは大変です。時間が経った死骸は、腐敗して悪臭を放つため、できるだけ早く片付けましょう。死骸を取り扱う際は、必ずゴム手袋を着用してください。

デメリットを理解した上で、ネズミ駆除目的で猫を飼うのかを決めよう

今回は、ネズミを駆除するために猫を飼育する効果と、その方法に伴う危険性についてご紹介しました。猫の存在は、ネズミを追い払うのに一定の効果がありますが、猫に個体差があったりネズミが慣れたりするため、限定的な効き目しかありません。

 

また、ネズミ駆除を猫にやらせることで、猫や人間が感染症やアレルギーにかかる可能性があるため、衛生上の観点からあまりおすすめできません。このようなデメリットを理解した上で、ネズミ駆除を目的として猫を飼うのかどうかを決めましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2023 総合リビングサービス株式会社. All rights Reserved.