ブログ一覧


【さいたま市】どこから来るの⁈ハエの生態と種類と対策!【総合リビングサービス(株)】

どこから来るの⁈ハエの生態と種類と対策!

 

■記事の信頼性

 

☆公益社団法人日本ペストコントロール協会会員

☆日本ペストロジー学会会員

☆建築物ねずみ昆虫等防除業登録の有る

”すぐくる”総合リビングサービス株式会社の

防除作業監督者”高橋”が筆者です!

 

防除作業監督者 高橋 誠一

 

ハエは、ハエ目(双翅目)の短角亜目(ハエ亜目)に属する昆虫です。

日本には約3,600種が知られており

そのうち衛生害虫と考えられるものは数百種、さらに重要なものに絞ると数十種です。

 

全国に分布するハエとしては、イエバエ、サシバエ、オオクロバエ

ケアカクロバエ、ヒロズキンバエ、センチニクバエなどがあります。

 

比較的北の地方に分布するハエとしては、クロキンバエ、ホホアカクロバエなどがあります。

南の地方に分布するハエとしては、フタスジイエバエ、オビキンバエなどがあります。

 

 

 

ハエは、病原菌を媒介したり、吸血したり

不衛生感を与えたりするなどの衛生上の害があります。

 

 

 

ハエは、卵→幼虫→蛹→成虫と完全変態します。

完全変態の昆虫は、ハエ類も含め幼虫と成虫の生息場所が異なります。

例外的に、ニクバエ類やイエバエ科のクロイエバエのように

卵期間を成虫の体内 で経過し、幼虫を産むハエもいます。

一日の産卵数はショウジョウバエで50~80個

オオクロバエは約400個も産卵します。

 

通常、一般家庭や飲食関係で困るのは飛来する成虫ですが

年に数回程度、さいたま市内からも

天井裏や壁の中で死んだネズミやハクビシンなどから発生する

ウジ虫による相談もあります。。

 

防除のためには、幼虫が発生する場所を特定して駆除することが不可欠です。

しかし、幼虫が発生する場所は特定しにくい場合があるため

ハエの防除は、ゴキブリなどとは異なり、難しい場合があります。

 

 

一般家庭や飲食関係では、成虫を侵入させないようにすることが

主な対策となります。

具体的には、以下のような対策が有効です。

 

 

  • 窓やドアの網戸を設置する
  • 生ゴミやごみを密閉容器に入れる
  • 排水口やゴミ箱を清潔に保つ
  • 捕虫器や飛翔昆虫対策資材の設置(ご相談ください)

 

Q&A

 

Q) 主なハエの発生源は?

A)ハエは種類が多く、各々に発生源が異なります(下記参照)。

 

 

便池畜舎堆肥厨芥漬物桶水産加工動物死体ゴミ埋立地ビニールハウス
イエバエ++++++++++++++
ヒメイエバエ+++++++++
クロバエ類+++++++
キンバエ類+++++++++
ニクバエ類+++++++++++

 

 

 

Q)家庭内外でのハエの発生源と対策は?

 

A)いくつかの発生源とその対策を示します。

 

○漬物桶: 発生したヌカミソは廃棄します。

網やガーゼで覆い、ハエの産卵を防ぎます。

 

○厨芥: ポリ袋に入れ、 ゴミ箱には蓋をし、 侵入・産卵を防ぎます。

露出したゴミを長く置かないようにします。 窓には網戸を使用します。

 

 

 

Q)ハエはどれくらいの距離から飛来しますか?

 

A) 発生源から分散して飛翔する距離は、 イエバエやヒメイエバエでは通常半径400m らいです。

キンバエ類やクロバエ類はさらに広範囲です。

ゴミ埋立地などで異常発 したイエバエは数kmも飛翔することがあります

 

 

ご不明な点がございましたら

”すぐくる”総合リビングサービス株式会社まで

お気軽にお問い合わせください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2023 総合リビングサービス株式会社. All rights Reserved.